木曽檜歯磨きジェルについて

この『木曽檜歯磨きジェル』には研磨剤や発泡剤、防腐料が入っていません。

また、合成香料や人工着色料など、ケミカルなものも一切使っておりません。

なぜ、一般的な「歯みがき」に当たり前のように入っている成分を一切使わずに、歯みがきジェルが作れたのか? それは、〝天然の木曽檜〟の浄化力が、私たちが抱える口内環境の悩みをすべて解消してくれることがわかったからです。


新時代の歯磨きは「磨く」から「浄める」へ--- 日本発。世界初。新時代歯磨きジェル。


99.9%の除菌力

天然木曽檜の100%蒸留水が、歯周病菌の代表格であるジンジバリス菌を5分以内に99.9%除菌することが証明されました(*注1)。 また、いわゆる虫歯菌と呼ばれるミュータンス菌も、60分以内に99.9%除菌します(*注2)。 この天然のヒノキの水をたっぷりと、原材料の80%も使っているのが木曽檜歯磨きジェル。歯周病菌への効果を証明できる世界で唯一の歯磨き剤なのです。

*注:取得済みのエビデンスは下記の通りです。 <一般社団法人日本食品分析センター> ・第14081497002-0201号 ジンジバリス菌 99.9%除菌 ・第14081497002-0501号 ミュータンス菌 99.9%除菌 <その他> ・第13092569001-02号 黄色ブドウ球菌(食中毒の原因菌)99%以上の抗菌効果 ・第13038131001-02号 経口毒性試験(誤飲しても身体に害が無いことの証明) ・第13038131001-03号 皮膚刺激性試験(皮膚についても害が無いことの証明) ・第11051895001-01号 成分分析試験(重金属などが含まれていないことの証明) (分析結果取得者:夢木香株式会社)


99.9%天然由来

正確にいうと、99.9%ではなく、99.999974%が天然由来成分です。

残りの0.000026%は何かというと、エタノールです。 エタノールは各種成分を混ぜるために必要な溶剤です。製作行程でほとんどが揮発してしまうのですが、どうしても少し残ります。調べた結果、その量が0.000026%でした。 100%と言ってしまっても差し支えないほど僅かな量ではありますが、ゼロではないため、「99.9%」という表記に統一しています。

発泡剤・研磨剤・保存料・合成香料・合成着色料ゼロ。身体に悪影響の恐れがある成分は一切使っておりません。配合しているのは、ヒノキの精油、イチョウの葉、スイカズラの花、セージの葉、ワサビの根のエキスなど、すべて国内産の植物由来。たとえ飲み込んでしまっても安全な成分ばかりです。小さなお子様からお年寄りまで安心してお使いいただけます。

口の中の新感覚

この歯磨きジェルは、泡もたたず、強い刺激もありません。歯の表面を削ることなく、静かに口の中全体を洗浄します。

最初は物足りなく感じるかもしれませんが、ほんのり漂うハッカの香りに包まれながら、ゆっくりと優しく口腔内をブラッシングしてください。歯、歯茎、頬の内側、舌・・・そう、口の中全部です。毎日使ううちに、この静かなる清涼感があなたの口の中の基準値になっていくことでしょう。

もうひとつ、多くの人が驚くことがあります。それは磨いたあとすぐにお茶やコーヒーを飲んでも、味が変わらないこと。もちろんお食事も。 強い刺激が口の中に残らないので、本来の味覚が生き生きとするのです。



天と地をつなぐ自然の力が浄化する

聖なる森から生まれた歯磨きジェル

それが「木曽檜歯磨きジェル」です

 

ご購入はこちらから