口内炎の原因は歯磨き粉?無添加歯磨き粉が口内炎の予防に

1月 25, 2023

口内炎の原因は歯磨き粉?無添加歯磨き粉が口内炎の予防に

口内炎とは口の内側や歯茎に起こるさまざまな炎症を総称したものです。原因はさまざまですが、実は市販の歯磨き粉の界面活性剤が口内炎の原因となることもあります。

 

その点無添加歯磨きなら界面活性剤が含まれていないため、口内炎のリスクを減らすことが可能です。今回は口内炎の発生原因と、無添加歯磨きの口内炎予防や回復に対する効果について紹介していきます。

 

口内炎の症状と発生原因とは?

 

口内炎といわれても、厳密な定義がわからないという方も少なくありません。なぜなら、口内炎は口の中に起こるさまざまな不調を総称したものだからです。

 

まずは口内炎の症状や発生原因についてまとめました。

 

口内炎の症状

口内炎とは、口の中に起こる痛みを伴う炎症を総称したもの。一つの病名・症状のように「口内炎」と表現しますが、その症状や原因はさまざまです。

 

痛みを伴うほか、口内の一部が腫れたり、傷ができたり、ぶつぶつ・ざらざらしたものが発生したりします。また、一箇所だけでなく、一度に複数箇所にできるケースも少なくありません。

 

食事や歯磨きをするたびに刺激して傷や腫れを悪化させて、結果的に回復まで長い期間がかかり、食事や日常生活のストレス要因となることもあります。

口内炎の発生原因

  • 栄養バランスの崩れ(特にビタミンB群の不足)
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • 唾液の減少や粘膜の乾燥などによる口内環境の悪化
  • 体調不良による抵抗力の低下
  • 抗生物質の副作用

 

このように、さまざまな原因が口内炎に現れます。ほとんどのケースでは命に関わる大事に発展することはありません。ただし、体調不良による抵抗力低下が原因の場合に限っては、稀に深刻な病気が隠れているケースもあるので、発生原因に心当たりがない場合は、一応検査などを受けてもよいでしょう。


口内炎は一度できると厄介で、食事が不快になるなど煩わしい存在です。日頃から規則正しい生活や口内環境を清潔に保つことを意識づけ、口内炎を予防しましょう。

歯磨き粉も口内炎の原因に?

市販の歯磨き粉の中に、口内炎のリスクを高める成分が含まれることがあります。特に代表的なのが界面活性剤の一つであるラウリン酸ナトリウムで、こちらは口内の粘膜を乾燥させる作用があるのです。すなわち、口内が乾燥しやすくなり、口内炎の発生リスクを高めます。

 

また、口内炎が発生した後についても、市販の歯磨き粉の刺激の強さが口内炎の患部を刺激して、歯磨きが辛くなったり雑になったりすることも。口内炎が発生して、ただでさえ抵抗力が弱っている口内にさらに口内炎を発生させるリスクとなるケースもあります。

 

歯磨き粉選びを工夫することで、口内炎の発生リスクを下げることができるでしょう。

無添加の歯磨き粉なら口内炎の予防や回復にも有効

 

界面活性剤や研磨剤が一般的に含まれない無添加の歯磨き粉であれば、口内炎の予防や発生後の回復に役立ちます。

 

無添加の歯磨きには界面活性剤自体が含まれないため、口内の乾燥の原因となるラウリン酸ナトリウムも含まれていません。口内炎の発症リスクを高めることもないでしょう。

 

また、口内炎が発症した後の歯磨きに使用するのにも適しています。無添加の歯磨き粉は、風味も自然由来の香料・ハーブなどでつけられていて、市販の歯磨き粉と比較して刺激が少ない商品がほとんど。そのため口の中が荒れていたとしても、歯磨きの辛さを抑えることができます。

 

口内炎の早期回復のためには、丁寧な歯磨きで口内環境を清潔に保つことが重要に。無添加の歯磨き粉であれば、口内炎が辛いからといって歯磨きが雑になることもないでしょう。

口内炎対策なら木曽路歯磨きジェルがおすすめ

口内炎には無添加の歯磨き粉が適していますが、中でも木曽路歯磨きジェルが特におすすめ。無添加でありながら高い殺菌能力で、口内環境を清潔に保つことができます。ここからは木曽路歯磨きジェルの口内炎に対する効果について紹介します。

 

なお、木曽路無添加歯磨きジェルの購入を検討している方は、下記のURLからアクセスしてください。

https://kisohinoki300.com/?ls=ja

無添加なので口内炎の発症リスクを高めることはない

木曽路歯磨きジェルは、界面活性剤・研磨剤ともに無添加で、香料も含めて自然の製品を使用しています。香料なども自然のミント由来のものを使用していて、市販のものと比較しても刺激の少ない歯磨き粉です。

 

そのため、口内の乾燥を発生させる心配もありませんし、歯磨きが苦痛になることもありません。ここまで紹介した無添加歯磨き粉の特徴を持っています。

殺菌力の高さが口内炎の回復を後押し

木曽路歯磨きジェルは、樹齢約300年を超える天然木曽檜の蒸留水を使用し、約99.99%の高い除菌効果が確認されています。無添加で天然由来の成分にこだわっているにも拘らず、口内環境を清潔に保つ上で高い効果を持つ歯磨き粉です。

 

口内炎を早期回復させるためには、口内環境を清潔に保つことが重要に。その点でも木曽路歯磨きジェルは、口内炎発生後の歯磨きに適した歯磨き粉といえるでしょう。

赤ちゃんには安心の無添加歯磨き粉を

口内炎は一度発生してしまうと、食事などにおけるストレスの原因に。一方で、普段の食事や歯磨きなどが刺激となって治りが遅くなるケースもあるなど厄介な存在です。そして、意外にも普段使用している歯磨き粉が原因の一つとなっているケースもあります。

 

今回紹介した木曽檜の蒸留水を配合した「木曽路無添加歯磨きジェル」は、その点

無添加で99.99%と高い殺菌力を持つため、口内炎の予防にも、発生後の回復を早める上でも有効です。ぜひ木曽路無添加歯磨きジェルを普段から使用して、口内環境を清潔に保ちましょう。

 

「木曽路無添加歯磨きジェル」の詳細はこちらをご覧ください。

https://kisohinoki300.com/pages/lp?ls=ja